menu

きになるきにする

親友とはどんな人か…何か…私なりに友人との違いを考えてみた

親友

あなたには本当の親友と呼べる友達は何人くらいいますか?

私には本当に親友と呼べる友達は2人います。この数字が、多いのか少ないのか分かりませんが…。

そして、親友と友人の違いを私なりに考えてみましたので、あなたも一緒に、親友の事を考えてみませんか?

sponsored link

1人目の私の親友はどんな人か…

親友1

私の親友の一人目は、中学・高校と一緒だった友達です。彼女との最初の出会いは、中学1年の時入った剣道部でした。

私は友達に誘われるまま、全く未知の世界の剣道部に入り数ヶ月続けたところで、辞めてしまいました。これが私にとって人生初の後悔となるとも知らずに(笑)

私は剣道部を数ヶ月で辞めてしまったため、親友となる友達とはそこまで仲が良かった訳ではなかったんです。

そして中学3年になった時、彼女と同じクラスになり、実質、仲が良くなったのはそこからでした。彼女はいつも明るく友達も多く、男子・女子関係なく誰とでも仲良くなれる人で、かなりヒドイ人見知りな私からすると「ひまわり」のような人だなって羨ましく思っていました。

その後、県立に落ちた2人はめでたく高校も一緒に(笑)

高校に入っても剣道を続けたかった彼女は、数年前に剣道部がなくなった事にショックを受けたのか、何が何でもやりたかったのか。

私に思いもよらない事を言ってきます。

「剣道部作ろう!!」って。

私的には、「はっ!?」って感じでしたが、彼女の熱意に押されたのと、あの時の後悔が蘇ってきたんでしょうか。

結局、「分かった!」と。

他にもメンバーを探して、元剣道部の先生に話すと、剣道実績者の先生たちに声をかけてくれて、「本気でやるんだな」と念を押され、2人のオニババ…じゃなく先生が顧問を引き受けてくれ、剣道部が復活しました。

2年3年と同じクラスだった彼女とは、1日中ほぼ一緒にいたように思います。朝練から授業中、放課後の部活、その後の道場、休みの日の部活と、いつもいつも一緒。

そして一緒に悩み、辛い稽古に耐え、怒られ、悔しさも楽しさも分かち合い、時にはバカみたいに騒いだりと。青春してたんだな。。。

こうした同じ境遇を体感している分、今でも仲間意識も強く、何でも話せる親友のひとりです。不思議なもので、何年会っていなくとも、会うとあの頃に戻るという、あの感覚はずっとそのままでいたいですね。

sponsored link

 

2人目の私の親友はどんな人か…

親友2

2人目の彼女との出会いは、派遣先の会社でした。

後から同じ部署に入ってきた彼女とも、最初は挨拶くらいで特に話すことも無かったんです。が、何となく好意は持っていました。

ある日、私が仲良くしていたお姉さんに、帰りに食事に行こうと誘われ、「彼女も誘おうかと思って」と言うので、誘ってみると「行く!!」と即決してくれ、3人で食事に行くことに。

ちゃんと話したのはこれが初めてでした。私は彼女と、ひと言話しただけで「あっ、合う!!」と思いました。何と言うのか、一昔前の表現でいう「ビビビときた」と言うのでしょうか。こんな感覚は、人生で初めてでした。しかも、彼女も同じように感じていたようで、すごく不思議な感覚でした。

もしかしたら、会った時から直感していたのかも知れませんが。

それからは、自宅方面も一緒だったのもあり、2人で帰り、週に1回は食事したりと。しょっちゅう一緒にいましたし、「どっちかが男だったら絶対にうまく行ってるよね」と、本当にくだらない話で盛り上がっていました。

よく2人で「絶対、前世でも出会ってる」って言っていますが、スピリチュアルな言葉でいう「ソウルメイト」なんじゃないかと(笑)

お互いに考えていることが同じだったり、今こう思ってるなって事が分かりますし、何より気を使わなくても良い楽な存在なんです。本当にもう長年一緒にいる夫婦のような感覚ですかね。それくらい不思議な感じなんです。

なので彼女との出会いは、一生忘れることの出来ない出来事になっています。

今では私より先に、妻になり母になっていますが、出会ってから約10年経った今でも、会えばいつでもあの頃に戻れる大切な存在ですし、いつまでも変わらずあの頃のままでいたいなって思います。

sponsored link

 

私が考える…親友と友人の違いって何か?

親友と友人 違い

今まで深く考えたことは無いですが、何が違うのかなと私なりに考えてみると。。。なかなか表現が難しいですね。

まず、親友と友人の間にある「差」って何なのかな?って考えると、「共有体験と共有意識からなる絆の深さ」なのかなと。

私の場合、一緒に過ごしてきた時間も、同じ境遇で同じ目的を持って、体感したり意識した事で生まれる絆の深さが、深ければ深いほど親友に変わって行ったのかなと思います。

特に学生の頃に苦楽を共にした仲間は、絆も深く親友になっていくケースはよくあることだと思いませんか?私もそのうちのひとりですが(笑)

本来はもっともっと深い事なのかも知れませんが、私なりの解釈なのであしからず。。。

sponsored link

最後に

いかがですか。あなたも親友の顔が浮かんできましたか?

親友って普段はその人の事は全く考えていないのに、急に会うことになっても全くあの頃と変わらず、その当時に戻っていく感じがありますよね。

電話で声を聞くだけでも、自分のテンション自体変わるのが分かりますし。

大人になってから親友を作るのは、なかなか難しいものです。どうしても相手とのココロの距離があって、子供の頃のように何も考えず素直に行けなく、分かり合えるまでに時間がかかってしまいます。

あの頃のような親友と呼べる友達が今後も出来るか分かりませんが、今の親友を大事にし、これからの新しい出会いも大切にしていきたいと思います。

その他、参考サイト

ありがとう。aya

sponsored link


はてなブックマーク Google+でシェア

sponsored link

みなとみらい 横浜元町 横浜お土産 横浜 一人暮らし 神奈川 お土産
280 ニューフジヤホテル バイキング
こんにゃくスポンジ モリンガ茶
ビニール傘 かわいい おしゃれ ネクタイ おすすめ 安い
朝食パン 簡単レシピ 丼もの 簡単レシピ
toggl countdown timer f.lux 設定
しゃっくり 止め方 禁煙

いつも応援ありがとう!!          今日の順位も確認してね (^O^)


ブログランキング・にほんブログ村へ
夏すること 夏料理