服についたガムの取り方|7種類を試して1番取れる方法を発表

ガム取り方 服

衣類についたガムの取り方をご紹介しますね。

服意外にも、靴や髪の毛・そして車や床に落としてしまったり、踏んでしまったりと知らないうちに付いてしまうことがあると思います。

一番良かった取り方や取れなかったやり方もまとめていますので参考にしてみて下さいね。

sponsored link

街中でガムを踏んでしまったり、服や髪に付いてしまって嫌な思いをしたことがあると思います。自分で付けてしまったのなら諦めも付きますが、他人が噛んでいたガムが付いてしまうなんて…。

そんな不意に付いてしまったガムの取り方を実践してみました。取れるもの・取れないものがありますので、参考にしてみて下さいね。

 

実践するガムの取り方

ガム取り方 服

 ガムって知らぬ間に付いてしまったり、踏んでしまったり…。マナーを守って欲しいですよね。

クリーニングに出して綺麗になれば良いんですが、必ずしもやって貰える訳じゃないそうです。近くのクリーニング屋のお姉さんが言うには、「生地と生地の厚さによっても落ち方が違ったり、生地を傷つけてしまう場合があるので、全てが受けられるとは限らないですよ」って言っていました。

プロがダメなら自力しか無いですよね。

と言う事で付いてしまったガムをどうやれば簡単に取れるのか、ネットでも言われている方法を試してみました。どんな方法があるのかと言うと、

  • 冷凍庫で凍らせる取り方
  • 氷で冷やす取り方
  • 除光液を使った取り方
  • アルコール(ウィスキー)を使った取り方
  • アロマオイルを使った取り方
  • サラダ油を使った取り方
  • オレンジオイル洗剤を使った取り方

といった方法がネット上で言われていますね。これを順番にやってみたいと思います。

sponsored link

 

 

使う生地

ガム取り方 服

この着なくなったタンクトップと日焼けしてしまったデニムジャケットをカットして、色々なガムの取り方を試してみたいと思います。生地によって多少取れ方が違うので参考にしてみて下さい。

タンクトップ

綿 48% レーヨン 48% ポリウレタン 4%

一般的にTシャツやカットソーに使われるストレッチ性のある生地です。

デニムジャケット

綿 100%

ストレッチ性の無い薄手のデニム生地です。

※画像によって色の見え方が違いますが、個人でやっているのでご了承下さいね。

sponsored link

 

 

冷凍庫で凍らせる取り方

ガム取り方 服

このまま冷凍庫で1時間位凍らせてみます(左⇒入れる前 右⇒入れた後)

ガム取り方 服

ガムが固まって硬くなり取りやすくなってますね。気持ち良い程、簡単に取れますよ!

ガム取り方 服

カットソーの方はキレイに取れますが、デニムは生地が厚い分若干残りますね。でも、また凍らせるか洗剤で洗えばキレイに取れますよ。

あっ!漢字間違えてますね…失礼しました(笑)

sponsored link

 

 

氷で冷やす取り方

ガム取り方 服

ビニール袋に氷を入れます。1コで大丈夫ですよ。

ガム取り方 服

ガムの上に氷を乗せて約10分くらい置いてみます。

ガム 取り方 服 氷

剥がしてみるとガムが硬くなって塊のまま簡単に取れますね。

ガム取り方 服 氷

これもデニムの方が厚手なのでやや残っていますね。デニムの方を更に冷やしてみます。

ガム取り方 服 氷

今度はデニムを両面から氷で挟み、更に5分くらい置いてみます。

ガム取り方 服 氷

だいたい同じくらい取れましたね。氷で濡れていますが、キレイになっています。後は洗濯するかそこだけ洗剤で洗えば全部キレイになりますよ。簡単にキレイになって良いですね!

sponsored link

 

 

除光液を使った取り方

ガム取り方 服 除光液

ネイルには欠かせない除光液でやってみましょう。100均で売っている除光液です。

ガム取り方 服 除光液

ガムの付着部分に直接、除光液を掛けちゃいましょう。1分くらい放置しました。除光液はニオイが強いので、窓を開けて換気の良い所で使って下さいね。

ガム取り方 服 除光液

おー。いい感じです。でも、臭い…(笑)

ガム取り方 服 除光液

 どうですか?なかなか良い感じじゃないですか。

ガム取り方 服 除光液

若干残っている分は、中性洗剤(台所用洗剤)を使ってみました。どちらもキレイになったんですが…。デニムをちょっと擦り過ぎましたね。そこだけ白くなってしまいました。あなたは気を付けて下さいね(笑)

sponsored link

 

 

アルコール(ウィスキー)を使った取り方

ガム取り方 服 ウィスキー

次はウィスキーに浸けてやってみますね。普通に飲みたいのをガマンですよ(笑)

ガム取り方 服 ウィスキー

ガムが付いている所をウィスキーの中に浸します。5分くらい待ってみましょう。特に見た目の変化は無いですね。

ガム取り方 服 ウィスキー

5分くらい待って剥がしてみると…。スゴイ簡単に取れますね。ガムが付いてもっと時間が経っている場合は、ガムが溶けてグニョグニョになるので歯ブラシを使うとイイかも。

ガム取り方 服 ウィスキー

簡単にキレイに取れました。やっぱりデニムの方が気持ち残ってますね。薄っすら残っている分は、中性洗剤で優しく洗えば取れますよ。「優しく」です(笑)

sponsored link

 

 

アロマオイルを使った取り方

ガム取り方 服 アロマオイル

ネットで「アロマオイル」でも取れるって書いてあったので、試してみますね。アロマオイルは何でも良いと思いまして、レモングラスにしました。特に意味は無いです(笑)

ガム取り方 服 アロマオイル

数滴垂らして2~3分待ってみます。香りは良いはずなんですが、原液のままだし間近にずっといるのでニオイにやられ気味…。ラベンダーの方が良かったかも…。何となくです(笑)

ガム取り方 服 アロマオイル

取れづらいですね。やり方が悪いのかオイルが悪いのか…。

ガム取り方 服 アロマオイル

取れないので諦めました(笑)この取り方はオススメ出来ませんね。 

sponsored link

 

 

サラダ油を使った取り方

ガム取り方 服 サラダ油

油がガムを溶かすって言うけど、サラダ油で取れるんでしょうか。じゃ、やってみましょう。

ガム取り方 服 サラダ油

キッチンペーパーにサラダ油をたっぷり目につけて、ガムを擦ってみます。そうすると何と取れてくるんですね!へぇ~スゴイ(笑)

ガム取り方 服 サラダ油

思ったよりキレイになりますね。 油は多めの方が取れやすいと言うか、溶けやすいですよ。でも完璧ではないですね。しかも油ジミが残ってしまいます。

ガム取り方 服 油+中性洗剤

油を使ってその油がシミになったら嫌ですよね。そこで、サラダ油のシミを取るのに中性洗剤を使ってみます。

ガム取り方 服 油+中性洗剤

油シミも残ったガムも綺麗に落ちましたね。レーヨンなどは油ジミが取れずらいので気を付けた方が良いですよ。

sponsored link

 

 

オレンジオイル洗剤を使った取り方

ガム取り方 服 オレンジオイル洗剤

先ほどのアロマオイルで取れなかったガムをオレンジオイル配合の洗剤で落としてみたいと思います。

ガム取り方 服 オレンジオイル洗剤

オレンジオイル洗剤をスプレーします。私が愛用のオレンジマンで試してみますね。このオレンジマンかなり優れものなんですよ。主婦の味方です(笑)これ。オレンジマン

ガム取り方 服 オレンジオイル洗剤

歯ブラシで擦ってみると溶けてきているのが分かりますね。さすがオレンジマンです。私はオレンジマンに対する信頼度がかなり高めですから(笑)本当に何でも落ちますよ。回し者じゃありませんのでご安心を。

ガム取り方 服 オレンジオイル洗剤

デニムは多少の色落ちがありますが、キレイになりました。流石です(笑)

そして私が思うには、ガムといえば『お口の恋人ロッテ』さんですよね(笑)

ロッテさんのHPにもガムの取り方が載っていたので、参考にして下さい。

sponsored link

 

 

ロッテさんがすすめるガムの取り方

ガム 取り方 服

ガム 取り方 服引用元

このようにロッテさんでも冷して取る方法をオススメしていますね。冷却スプレーは夏場なら持ち歩いている方も多いかも知れないですね。

ちなみに安い冷却スプレーを見つけたので。SAVANNA50 ブリザード

こんな事にならない様に、マナーを守って欲しいものです。そして子供の服を洗濯するときはポケットの中も要チェックですね(笑)

sponsored link

 

 

服に付いたガムの取り方ランキング 

ガム取り方 服

では、ランキングを発表しますね。私が試して感じた結果です。

№7 アロマオイルを使った取り方

この方法は、取れなかったですね。もっと長く置いておけばもう少し取れたのかも知れませんが、簡単には取れないので7位です。

№6 除光液を使った取り方

除光液の落ち具合はとても良かったんですが、何と言っても「クサイ」ですからね。短時間で取れれば良いですが、時間が掛ると具合が悪くなりそうなので。

№5 サラダ油を使った取り方

サラダ油は私の思っている以上に落ちました。ただ、衣類にこの油ジミが付くとなると躊躇しちゃいますね。リスクを考えてこの順位にしました。

№4 オレンジオイル洗剤を使った取り方

私の信頼度が高いオレンジマンを使いました。もちろん落ち具合は完璧です。でも、落ち過ぎてしまうんですね(笑)生地によってはオススメ出来ないので。

№3 アルコール(ウィスキー)を使った取り方

簡単に取れましたね。家に無い方は買ってこないと行けないのでその手間を考えて3位にしました。私も買って来て試しましたので。

№2 冷凍庫で凍らせる取り方

特に材料も準備する物も無くて簡単でしたよ。ただ、冷凍庫に入れている時間が掛るので2位にしました。

№1 氷で冷やす取り方

これが一番簡単に早く取れましたね。ニオイも無いですし、繊維も傷めないですから。オススメします!

ただ、ガムが服に付いてしまう状況って外出先が多いと思います。出先の場合は、カフェや喫茶店・ファーストフード店に入った時に氷で冷して取るか、スーパーの鮮魚コーナーやレジ周りでも持ち帰り出来る氷があるのでそこで貰っても良いと思いますよ。

私が色々試した結果『氷で冷やす』『冷凍庫で冷やす』『ウィスキーを使う』という方法が服に付いたガムが取れてオススメですね。あなたの状況やタイミングなどで使い分けると良いと思いますよ。

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか。

私が実際に試した結果は、冷やすのが一番良かったですね。そこまで繊維も傷めないで済みますので。冷凍庫より氷の方が冷やしたい部分だけ短時間に冷やせるのでオススメですよ。

出先でも探せば氷や冷却スプレーはあると思います。時間が経てば経つほど繊維に入り込んで取りにくくなるので、ガムが付いてしまった時は早めの処置を心がけましょうね。

ありがとう。aya

sponsored link