menu

きになるきにする

雛人形|結婚後は飾るのか処分するのか…人形の久月に聞いたよ

雛人形 お雛様 処分

結婚したらどうするの?雛人形。

『お母さんが飾るんじゃないの?』『イヤイヤ、嫁入り道具で持って行くんでしょ?』『処分するの?』お雛様を処分するのは迷いますよね。

今回は、人形の久月さんに電話して聞いてみましたよ。

sponsored link

まず『ご結婚おめでとうございます』幸せいっぱいな方が見てくれていることでしょう。おめでとう。

そして人形の久月さん。ありがとうございます。購入するわけでもないのに、親切に教えて頂きありがとう。お困りの方に情報をシェアしたいと思います。

結婚後の雛人形 みんなの意見

雛人形 お雛様 処分

ネット上で探してみると皆さん色々と困っており、アドバイスする方も多くいます。参考までに皆さんの意見を。

  • 女の子が生まれたら、代々雛人形を引き継ぐ。
  • 実家で毎年、母親が飾っている。
  • 結婚したら処分。役目が終わる。
  • 嫁入り先に持って行き、自分で飾っている。
  • 実家に置いたままで、飾っていない。

などなど。調べてみるとこのような意見ですね。みなさん意見がバラバラです。地域や親族などにもよっても違いがあリます。なので、探していると迷いますよね。

sponsored link

選択肢は3つ

雛人形 お雛様 処分

では、江戸時代に創業している人形製造問屋『人形の久月さん』から、教えていただいた事を見て行きましょう。

最初にお断りを。

行事や風習などは、地域性・親族内・時代・個人の考え…等々で変わります。これから記載する内容が、どなたに対しても正しいと保証するものではありません。あなたの考えが決まっているなら参考になりませんが、決まりがなく、どうして良いのか分からないのであれば参考にしてくださいね。

 

1.嫁入り先に雛人形を持って行き、自分で雛人形を飾る。

まず教えていただいたのが、自分で飾るとの事。雛人形はあなたの身代わりになって、厄払いをしているものです。結婚後も自分で飾り厄払いを続けます。 

ここからは話しを聞いた私が、感じた事や調べた事になりますが、なぜ自分で結婚後に飾るのでしょうか?そして、結婚したら雛人形の役目が終わりと言う方もいます。

それは、昔の女性の一番の幸せは『結婚する事』と考えられていて雛人形を飾っていた。と言う説によるものだと思います。説は、3つあります。

自分で結婚後に飾るのは『女性の幸せ=結婚までの役目』を、親からすると役目が終わり、その後の厄払いは自分で行う。『女性の幸せ=結婚が終わった』ので、雛人形の役目は終わった。と言う事ではないかと、話を聞いて私は考えます。

2.親があなたの雛人形を、実家で飾る。

次に教えていただいたのが、ご両親が実家であなたの雛人形を飾るとの事。先程と同じで、雛人形はあなたの身代わりで厄払いをしてくれます。結婚後も、あなたの幸せを願う両親が飾って厄払いをします。

ここからは又、話しを聞いた私の考えと調べた事になりますが、ご両親からすると『結婚しても、あなたはいつまでも子供』ですよね。ひな祭りは、女の子の幸せや良縁、成長や健康を祝うものです。

結婚しても雛人形の役目は終わりではなく、結婚してもご両親はあなたの幸せを願っていますので、ご両親が飾るのではないでしょうか。わたしは、話しを聞いてそう捉えましたよ。

3.供養する。処分する。

そして、最後に教えていただいたのが『色々な理由があって飾れないのであれば、処分する』です。

この時に『人形は魂が入るとも言われますので、生前であれば、出来れば処分はしない方が望ましい』と言われていました。ですが『どちらのご自宅でも飾ることが無いのであれば、供養し処分する』と教えてくれました。

毎年飾ってお祝いをしないのであれば、タンスの肥やしにするのは失礼で供養したほうが良い。雛人形に行き場がなく、互いに迷惑なのであれば供養したほうが良い。と言う事ではないかと、わたしは思いました。

どうですか?あなたは毎年飾ってますか?

sponsored link

雛人形の引き継ぎは?

雛人形 処分 お雛様 処分

今回、この記事や他の雛人形の記事を書くキッカケとなったのが、わたしの妹が結婚し、実際に雛人形の話しが出た事からです。今回、久月さんに連絡した時も、事情を話しこの引き継ぎが可能なのかを聞きました。

『女の子が生まれたら、自分の雛人形を引き継ぐことが出来るのか?』

出来ない。との事です。

雛人形は一人の女性の飾り物であり、今までも一人の女性に対して身代わりをして厄払いをしてきた物。女の子が生まれれば、また別に女の子の雛人形を飾りひな祭りをするとの事でした。

私はこの話しがスッと入って来ましたが、ネット上には『チョコレート会社のバレンタイン戦略と同じ』『代々、受け継いで行くなんて素敵』などと言う方もいます。

ですが、わたしは結婚した妹に『女の子が生まれたら、別の雛人形を用意する』ように伝えます。あなたの考えで判断してくださいね。

sponsored link

まとめ

  1. 嫁入り道具として雛人形を持って行き、自身で雛人形を飾る。
  2. 実家でご両親に、雛人形を飾ってもらう。
  3. 飾らないのであれば、供養する。
  4. 雛人形の引き継ぎは、出来ない。

いかがでしたでしょうか?

結婚したらどうするの?の疑問に、少しでもお役に立てれば嬉しいです。色々な考えや意見は当然あると思いますが、一つの判断材料としてご判断くださいね。

魂が入るという雛人形。色々な人の思いが入る雛人形。毎年飾ってお祝いしたいですね。

その他、雛人形の参考サイト

日本の行事を大切にしてほしいな。

ありがとう。aki

sponsored link


はてなブックマーク Google+でシェア

sponsored link

みなとみらい 横浜元町 横浜お土産 横浜 一人暮らし 神奈川 お土産
280 ニューフジヤホテル バイキング
こんにゃくスポンジ モリンガ茶
ビニール傘 かわいい おしゃれ ネクタイ おすすめ 安い
朝食パン 簡単レシピ 丼もの 簡単レシピ
toggl countdown timer f.lux 設定
しゃっくり 止め方 禁煙

いつも応援ありがとう!!          今日の順位も確認してね (^O^)


ブログランキング・にほんブログ村へ
冬すること 冬の食べ物