クーラー病|症状・対策・予防などをわかりやすく丁寧に

クーラー病 症状 対策

冷房病やクーラー病と言われる、エアコンでの冷えすぎから起こる病気。

夏だけの症状だから… なんて安易に考えていると、慢性化してしまう事もあります。頭痛や吐き気や肩こりにならないためにも対策をしたいものです。

今回は、分かりやすく色々ご説明しますね。

sponsored link

クーラー病の症状

クーラー病 症状

オフィスで仕事をする方や営業車などで移動が多い方に多いと思います。特に女性。

女性は冷え性の方が多いので、一日中オフィスの冷房の中にいるとクーラー病になる方が多いですよね。ですが、症状は女性特有と言うより、冷え性の症状と似ています。

クーラー病のよくある症状

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 腹痛
  • 疲労感
  • 食欲不振
  • 不眠症
  • むくみ

などなど。冷え性の症状と同じですよね。

寒さ対策だけすれば冷え性と同じだから大丈夫かな。なんて考えると思いますが、これが厄介なんです。

ひどくなると体に染み付いてしまい、冷房がきいている部屋などに入ると症状が出てしまったりも。そうなると夏場の仕事場は当然ですが、買い物に行った際や外食をした際にも頭痛などの症状が出てしまう事があるそうです。

ひどくなると、吐き気がして嘔吐することも。

 

実際にこのような方も多く、プライベートでも夏場の自宅はエアコンを使えず扇風機や冷風扇を使っている人も多くいます。

あまり聞き慣れない冷風扇(れいふうせん)ですが、購入者の口コミなどを見ると冷房が苦手な方のコメントも多く需要があります。皆さん冷房が苦手で…などとコメントしていますが、クーラー病の方も多いとの事。

あなたもその様にならないために、早めに対策や予防をして下さいね。

sponsored link

 

クーラー病の原因

クーラー病 原因

では、原因を見て行きましょう。

簡単に言えば、急激な温度変化に対して体がついて行けなくなり、悲鳴をあげているとでも言うのでしょうか。

一般的に言われるのは、体温調節をする自律神経が対応できなくなると言います。気温差が5℃以上ある場所を出入りすると対処できなくなる。

自律神経は、交感神経と副交感神経を合わせたもの。

よく交感神経は、体が活発に動いていたり緊張している時に活発になる神経と言われますよね。体温を下げる神経です。

それに対し副交感神経は、リラックスしている時に活発になる神経ですよね。体温を上げる神経です。

 

冷房がきいたオフィスで仕事をしている時には、交感神経が活発に働きます。体温を下げる交感神経が活発な所にクーラーでさらに体を冷やしている状態です。

冷えきった体で仕事をしている時に、息抜きで休憩しに行った時やトイレに行った時には副交感神経が活発に動きます。当然ですが気温差は5℃以上になり体温調節をする副交感神経がついて行けません。

それを繰り返すと、交感神経と副交感神経がバランスを崩しクーラー病になってしまいます。

 

よくストレスなどで自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスが崩れると、頭痛や肩こりや疲労感などの症状が現れ自律神経失調症の症状になる事があるのはご存知だと思います。

気温差や体感温度の差で同じことがおきてしまうんですね。

特に女性でクーラー病が多いのは、普段から冷え性の方がさらに冷房で体が冷やされしまうからとも言われます。

冷えは気をつけたいですね。

sponsored link

 

クーラー病の対策

クーラー病 対策

次は、対策などを見て行きましょう。

「お前はどれだけ暑がりなんだ!」と言う上司の目を盗んで設定温度を上げられれば良いですが、なかなか難しいですよね。

会社に限らずエアコンの設定温度を異常に低くする人… 困ります。

上の原因を見ていただければ分かると思いますが、自分の体を温めるしか方法がありません。オフィスでは下記の方法が良いですよ。

羽織もの
カーディガンやジャケットなどで上半身を温め、脱いで温度調節が出来る上着。これは必須ですね。

マスク
マスクは防寒対策でも使えます。マスクで体感温度が上がる事も証明されているようです。冬場にはあなたも経験していますよね。

スカーフ・マフラー
こちらは、頭痛や肩こりの症状がある方には効果的です。首を温めると脳に流れる血流が温まり血管が拡張され、血流がよくなり頭痛なども軽減されます。

腹巻き
冷え性の方は足元などの末端を一番気にしますが、体の中心であるお腹と腰を温めるのは重要です。体の中心が温まっていないと末端も冷えてしまいます。

ひざかけ
冷え性の方は、一年中利用する方も多いですよね。もちろんクーラー病でも大活躍です。

レッグウォーマー
足元の冷えでは効果的ですよね。オフィスで利用できるかはあなたの環境によりますが、問題なければ是非使ってください。

靴下の重ね履き
こちらもあなたの環境によりますが、靴下の重ね履きは足元の冷え対策では効果的です。調べてみると5本指ソックスの上に普通の靴下を履くと良いそうです。

足元を温める家電製品

 

デスクワークの方が一年中重宝するのがコレです。 

わたしが以前勤めていたオフィスの女性は一年中使っていました。足元の温めには効果的です。デスクから離れるときの見栄えも気にする事がないですからね。

 オフィスワークの方は特に下半身を温めるのが重要と言います。冷気は下にたまりますし下半身を動かすことも少ないですから。意識的に下半身のストレッチをしてみたりするだけでも大分違うと思いますので、温めながら動かす事も意識してみて下さい。

sponsored link

 

クーラー病の予防

クーラー病 予防

次は、予防を見て行きましょう。

夏場の予防としては、大きく分けると2つになると思います。

食生活

まず一つ目は食生活ですね。

夏場は暑いので、ついつい冷たいものを食べがちです。そして飲み物も。夏バテ気味で食欲がなく朝食を抜く時もあると思います。

朝食を抜くと低体温になるので、少しでも食べてみてください。

食べ物に関しては、冷やして食べる物は減らしたほうが当然良いですが、食材も少し気にするだけでも変わってきます。分かりやすく言うと、夏野菜を沢山食べると冷えの改善が出来ませんよね。きゅうりやトマトなど美味しい季節ですが、食べすぎには気をつけたい所です。

 

飲み物に関しては、オフィスの中では温かい飲み物をのんでほしいのですが、普段口にしている飲み物も体を冷やす物って結構あります。

体を冷やす飲み物
・緑茶・コーヒー・水・牛乳など。

体を温める飲み物
・紅茶・烏龍茶・ココア・生姜紅茶など。

以前に流行った生姜紅茶などは、体を温める飲み物としては優等生です。

オフィスなどでも簡単に作れますよね。市販のチューブ生姜を一本用意しておいて、紅茶に少し入れるだけで十分です。コップの下に残る生姜の繊維が気になる方は、生姜パウダーなどを用意しておくと便利ですね。

お風呂とツボ

もう一つは、お風呂です。夏場は暑いのでシャワーだけの方も多いと思いますが、湯船に入って体の芯から温める事が予防と改善につながります。

大丈夫です。

クーラー病を解消するお風呂の入り方は、暑い夏でも続けやすいですから。

まず設定温度は38-40℃程度でぬるめが良いそうです。そして肩まで浸かるのではなく半身浴が効果的。ただ1つ問題なのが時間ですね。20-30分程度の入浴が必要になります。

シャワー派の人がお風呂に浸かると長くて10分程度だと思いますので、もう少し頑張って入ってください。

 

その時に、冷え改善が出来るツボを刺激すると良いですよ。

冷え改善のツボは足に集中するのですが、手のツボも調べたらありました。一度覚えておけば仕事中にもツボ押しが出来るので良いですよね。

わかりやすいサイトがありましたので見てください。

ツボ道場

ツボ押しをしながら半身浴であれば、20分程度ならすぐだと思います。

ゆっくり汗をかき体の芯から温めて、クーラー病でバランスを崩した自律神経を整える。是非、毎日の習慣にして下さいね。

sponsored link

まとめ

いかがでしたでしょか。

クーラー病はひどくなると慢性化しますし、症状も嘔吐などがある方もいるので早めに対策や予防をしてほしいですね。

基本的には冷え性対策をし、冷房の温度差をなるべく無くして体感温度の幅を作らないのがポイントになります。

冷えからくる症状は人それぞれ沢山ありますし、冷えからのキッカケで大きな病気になることもありますよね。夏だけのクーラー病だからと軽く判断せず、しっかりと冷房と戦って下さいね。

あなたが設定温度を決められる日まで頑張って!

ありがとう。aki

sponsored link