雨の日…靴の手入れ方法|ビジネスシューズを簡単メンテナンス

雨 革靴 手入れ

雨が多く降る梅雨時期の6-7月は特にですが、女性でも男性でも革靴がびしょ濡れになると困りますよね。遊びに行くならレインブーツやスニーカーなどで大丈夫ですが、仕事になるとビジネスシューズを履くことになります。

今回は、簡単に革靴をお手入れする方法をご紹介しますね。

sponsored link

新社会人の方は特にだと思いますが、雨の日のビジネスシューズの手入れは面倒くさいイメージがあるのではないでしょうか。

そのまま放おっておくと、汗ジミが出てきて白いシミが出来たり、皮が固くなったり、形が崩れてしまいます。

本格的に手入れをしようとすると大変ですが、1-2万円程度のビジネスシューズであれば、カカトがすり減ったら買い替える方も多いと思います。その程度の期間に利用する皮靴であれば、ポイントを押さえて簡単に出来るんですよね。

 

今回は、靴のお手入れに必要な物から手入れ方法まで、順を追ってご説明して行きますね。

 

雨の日 靴の手入れ方法
用意・準備する物雨 革靴 手入れ 用意 準備

まずは、手入れをするのに用意する物から見て行きましょう。

  • タオル
  • キッチンペーパーか新聞紙
  • 針金ハンガー
  • 保湿クリーム
  • 消臭スプレー
  • 防水スプレー
  • シューキーパー(あればベスト)

こんな物で十分です。タオルは最低2枚は必要ですね。

ほとんどの方が、ご自宅に全てあるのではないでしょうか。新社会人の方などはクリーム・消臭スプレー・シューキーパーあたりが無いのかな。

こんな物で十分です。

 

雨の日 靴の手入れ方法
1. タオルで水分を拭き取る・吸い取る雨 革靴 手入れ ふき取る

では、手入れ方法を見て行きましょう。

最終的には乾燥させなければいけないので、当然ですが雨で濡れた水分を取り除いていきます。表面に関してはタオルで簡単に拭き取ってください。

重要なのが靴の中です。

表面を拭いたタオルとは別の乾いたタオルで、皮靴の中の水分を取り除いて行くのですが、つま先の箇所が一番厄介です。つま先の形にタオルを合わせて形を整え、押しこむように雨で濡れた水分を吸い取ります。少し長めの棒やボールペン等に巻きつけて押し付けても良いと思いますよ。

4-5足の靴を持っていれば急ぐ必要も無いですが、2足程度ならこの段階で出来る限り雨を吸い取ってください。

中敷きが取り外せるようでしたら、わたしは簡単に洗ってからタオルにくるみ洗濯機で脱水してしまいます。その時の注意点は、中敷きをタオルで巻きつける事と、洗濯機に入れるときは、これから洗濯する衣服の中央に埋もれるように入れて脱水することです。

他の洋服が中敷きの周りに有ることによって、脱水してもクッション代わりになり痛みません。

 

正直に言うと、わたしは革靴も洗濯機で脱水することがあります。自己責任でお願いしますが、靴の中にタオルを押しこみ、あとは上記と同じ方法になります。とにかく早く乾かしたい時にですけどね。

sponsored link

 

雨の日 靴の手入れ方法
2. キッチンペーパーを詰める雨 革靴 手入れ キッチンペーパー

タオルで出来る限り水分を取り除いたら、再度キッチンペーパーで水分を吸収させます。

キッチンペーパーがない場合は新聞紙やフリーペーパーなどでも代用できますが、インクが靴についてしまう可能性があります。靴の中になるので気にしない方であれば新聞紙などで問題ありません。実際にはそこまでインクが靴についたことは私はありませんよ。

 

キッチンペーパーを入れる時は、先程のタオルと同じようにつま先の形に合わせてペーパーを固めて押し込んでください。つま先のシワが多少伸びる程度の入れ具合で。

そして、カカトまでキッチンペーパーを入れます。

靴は濡れているので、この作業で詰めるキッチンペーパーの形が靴の形になってしまいます。特につま先や足の甲の箇所などは様子をみながら詰めて下さいね。

sponsored link

 

雨の日 靴の手入れ方法
3. 針金ハンガーを靴用のハンガーに雨 革靴 手入れ 針金ハンガー

我が家で雨の日に登場する、靴用針金ハンガーの画像を載せてみました。

こんな感じにグイッと曲げてください。この画像の上に少し写っているS字のフックが2つあれば、フックでも大丈夫です。

 

靴の乾かし方ですが、つま先を上にあげて乾かします。一般的には壁に靴を立てかけて乾かすのですが、こちらのハンガーなどで吊るして乾かしたほうが早く乾きますよ。

梅雨時期は特にですが、なるべく早く乾かしたいものですよね。予備の皮靴があったとしても毎日雨だと困るもの。中には一足しかビジネスシューズが無いなんて方はスピードが命です。

sponsored link

 

雨の日 靴の手入れ方法
4. 日陰で風通しの良い場所で雨 革靴 手入れ お風呂

雨が降っていた日の帰宅後にすぐ手入れをするのですが、帰宅した時間が夜で雨が止んでいればベランダで靴を干してもよいでしょう。家の中で乾かすときも風通しが良い場所で干してください。

で す が

梅雨時期だけは外干し禁止。部屋干しは、玄関やカーテンレールなどの風通しが良い所も禁止です。梅雨時期は異常に湿度が高く湿っています。外干しは雨に濡らしているような物です。

部屋干しに関しても外気の通りがよく風通しが良い箇所は窓際になりますよね。湿気が大量です。梅雨時期の部屋干しはなるべく部屋の中央が基本。

これがマンションなどは特に難しいんですよね。部屋の中央で風通しが良い所って。

 

そんな時は、お風呂場で換気扇を回し吊るして干してください。梅雨時期の洗濯物と同じで扇風機などを一緒に使ってあげると乾きはかなり早くなります。

お風呂は湿気がたまる場所ですので、作りから湿気対策がされています。換気扇の通風口のあたりにでも針金ハンガーに引っ掛けた靴を吊るして干してみてください。

sponsored link

 

雨の日 靴の手入れ方法
5. 靴もマメな人が好きなんです雨 革靴 手入れ マメに拭く

画像でお分かりですかね。

手順2.でキッチンペーパーを入れていますが、出来る限りマメに交換してください。交換する回数が多ければ多いほど乾くスピードは当然ですが早くなります。

 

帰宅後すぐにセットして、就寝までには最低3回は交換したいですね。このようにキッチンペーパーを交換しながら吊るして乾くのを待ちます。早ければ1日で乾くと思いますよ。

sponsored link

 

雨の日 靴の手入れ方法
6. つるつるお肌になるためには保湿が必要雨 革靴 手入れ 保湿

最初にご説明した用意する物の中に、皮靴クリームがありましたよね。

靴が乾燥したらクリームを塗りましょう。雨に濡れると靴は固くなってしまいますがクリームを塗ることにより防げます。そして保湿効果で靴は長く持ちますし撥水効果もあり光沢も出てきます。

 

普段のお手入れでもクリームは必須ですよね。雨で濡れた後は、いつも以上に重要になるので必ず塗ってください。

sponsored link

 

雨の日 靴の手入れ方法
7. スッパイ臭いはさようなら雨 革靴 手入れ 匂い 臭い

よく足は、1日でコップ一杯分の汗をかくと言いますよね。あなたの足も同じはずです。当然仕事でビジネスシューズを履いていると一日中履いていることになります。

そこに雨の水を靴が吸い込み、タオルやペーパーで水分をとり乾かしただけですので、臭いがするのも当然。革靴を丸洗いするのなら別ですけど乾かしただけですから。

 

お好きなだけ、消臭スプレーを気持ちよく噴射させてください。普段から、帰宅したら消臭スプレーをしておくだけでも全然違いますよ。習慣にしてみてください。

sponsored link

 

雨の日 靴の手入れ方法
8. 雨と戦う靴へご褒美を雨 革靴 手入れ 防水スプレー アメダス

仕上げになります。

お手入れをした後だけではなく、天候にも関係なく毎日防水スプレーをしましょう。

防水スプレーは防水効果以外にも、汚れを付きづらくしてくれますし汚れを落としやすくもしてくれます。わたしは雨とは関係なく、毎日靴を簡単に拭いて防水スプレーを利用しているのですが、なかなか汚れません。

ビジネスシューズではなくスニーカーを履くときも、防水スプレーをふきかけますよ。

一つ注意点は、ビジネスシューズの時は特に汚れを落としてから吹きかけること。汚れがついていると汚れが固まってしまいますので注意してください。毎日の習慣にするなら、チャチャっと拭いてからで十分です。

 

30cm程度靴から離して、10秒程度スプレーして全体にまんべんなく吹き付けてください。乾燥するまで10分程度はかかりますので、出来れば余裕を持って防水スプレーを。

sponsored link

 

雨の日 靴のお手入れ方法
9. 靴の形を整える雨 革靴 手入れ 形を整える シューキーパー

急ぎで皮靴を履きたい方は、この手順を飛ばしてください。梅雨時期などで、お持ちのビジネスシューズが少ない方は形を整えている時間がないと思いますので。

乾いてからクリームを塗った後は、シューキーパーで形を整えて靴棚などへ収納しておくと良いですね。キッチンペーパーを中に入れて乾かす時も靴の形を整えて入れていますが、最後にシューキーパーでビシッと整えれば完璧です。

これで、びしょ濡れだった靴も気持よく履けるようになるでしょう。

sponsored link

 

まとめ

いかがでしたでしょか。

梅雨時期は特にですが、雨の日に濡れた皮靴の手入れは簡単にでもしないとダメになってしまいます。今回は細かくご説明しましたが簡単です。

  1. 外も中も拭いて
  2. キッチンペーパーを中に詰め
  3. つま先を上にして日陰で風通しの良い場所で干し
  4. 何度かキッチンペーパーを交換し
  5. 乾いたらクリームと消臭・防水スプレーを付け
  6. 時間があればシューキーパーをする。

こんな感じですね。

その他、梅雨時期の参考サイト

雨とも上手くお付き合いを。

ありがとう。aki

sponsored link