夜桜の服装|お花見の防寒対策のポイントとコツ

夜桜 服装 防寒対策

桜のシーズンはまだまだ寒い。

お花見や夜桜の服装のポイント・防寒対策のアイテム・体を温めるお酒と、飲み方のコツ…などなどご参考にして下さい。

本当に寒いですからね。

sponsored link

お花見シーズンですね。楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。花見は昼だけでは無く夜桜も良いものです。スポットライトに照らされている桜…最高ですよね。

今回は、3月・4月の気温を考えながら、どの程度の服装がベストなのかや、あると助かるアイテムなどなど見て行きましょう。

 

3月4月の平均気温

夜桜 3月4月の平均気温

まずは気温を考えて。

気象庁の発表で確認すると、東京と大阪の平均気温はほぼ同じになります。

  • 3月:平均気温9.4℃。最低気温は5.6℃。
  • 4月:平均気温が14.6℃。最低気温が10.7℃。

特に夜桜でしたら、最低気温を重視した方が良いですよね。まだまだ寒いです。

 

 

5℃と言うと、どのぐらい寒いか分かりますか?時期だと1月の平均気温ぐらいです。あの寒い中、新年の初詣に行った時と同じぐらい寒いんですよね。

10℃は2月の最高気温ぐらいです。2月のバレンタインデー時期などの昼間は、どのような服装でしたか?

sponsored link

 

夜桜や花見でのみんなの震え

夜桜 服装 失敗談

ツイッターでの、お花見のつぶやきを見てみましょう。

寒さを表現する言い方に“クッソ”を付けた方がいますが、本当にクッソクッソ寒いです。とにかく寒いんです。昼間でも寒いのですから、夜桜は……クッソ寒い。

sponsored link

 

夜桜・お花見の服装 防寒対策

夜桜 服装と防寒対策

1・2月の外出時の寒さと、夜桜の寒さは別です。

夜桜やお花見は、基本的には動かず座って楽しんでいますよね。中には、散歩しながらの方もいると思いますが、座りながら楽しく食べて飲んで…の方が多いのではないでしょうか。

動かないで、10℃前後の気温だと本当に寒いんですよ。しかも、地面からの底冷えと、風があると最悪です。

では、服装と防寒対策を見て行きましょう。

インナー

  • 厚手の靴下
  • ヒートテック
  • レギンス

全て、2枚でも3枚でも重ね着が良いですね。

パンツ

  •  裏起毛のパンツ

女性の方は、スカートではなくパンツにして下さい。裏起毛のパンツがない場合は、レギンスを重ね着したりして対策を。上級者は、ジャージのパンツも一緒に下に履く方もいます。

トップス

  • ニットのセーター

薄手のニットの上に、厚手のニットを重ね着するぐらいが良いです。タートルがベストですかね。素材は、ウールが入っている品が暖かいですよ。

アウター

  • ダウンジャケット

ダウンが一番暖かいですね。無ければ、一番厚手なものを。

小物

  • ニット帽
  • 手袋
  • マフラー

女性は特にですが、ニット帽がファッション的に合わないかも知れませんが、問題なければ是非。それだけ寒いんですよ。

初詣に出掛けるときの服装より暖かくする。と覚えておいて下さい。もっと言えば、スキーやスノボに行くときの服装と同じぐらいは必要です。

sponsored link

 

夜桜・お花見の防寒対策アイテム

夜桜 防寒アイテム

服装に関しては、とにかく暖かくする必要があるのは分かって頂けたと思います。服装以外で、用意すると助かる防寒対策アイテムをご紹介します。

ひざ掛け

女性はお持ちですが、無ければ大きめなマフラーでも構いません。バスタオルでも代用できますね。とにかく下半身が冷えるんです。

座布団

100円ショップなどで売られているお品で十分です。なるべく厚手の物を。用意できなければ、バスタオル2枚程度で代用しても良いですね。当日に忘れてしまったら、コンビニなどで雑誌を購入し代用して下さい。

地べたに座ると、とにかく寒いんです。おしりと地面の間に厚手なものを何か挟んで下さい。

ホッカイロ

貼るホッカイロと普通のホッカイロが、防寒対策には必須です。

カイロで温まるのに効率的な場所は、腰・首・背中・脇の下・太もも・足の裏になります。詳しくはコチラ。

低温やけどには、十分注意して下さいね。

マスク

何気に暖かいんですよね。

ニット帽にマフラーしてマスク姿…。どこの芸能人ですか?な感じですが、ポケットに一枚入れておいて下さい。

あまりの寒さに、見た目など気にしていられない時もありますよ。

sponsored link

 

体を温めるお酒

体を温めるお酒

花見だ夜桜だ。と言えば、お酒を飲む方も多いですよね。いや、必ず飲みますよね。お酒の選び方にも、寒いお花見ならポイントがあります。

赤ワイン・日本酒

この2つのお酒は、体を温める作用があります。ホットワインや熱燗にするのがベストですが、お花見や夜桜の席で温められませんよね。常温で飲めるのもポイントです。

焼酎などは、お湯割りなどで温められれば良いですが夜桜では無理ですよね。

いくら温まると言っても、飲み過ぎてしまうと体は冷えますので注意して下さい。アルコールの力で体温が放熱してしまいますので。

 

体を冷やしてしまうお酒もあります。ビール・ウィスキー。ビールに関しては、乾杯の1缶程度にしておいたほうが良いですよ。

飲み方のコツは、温めて飲めるお酒を飲むのがベスト。もしくは、常温で飲めるお酒になります。赤ワイン・日本酒。

sponsored link

 

まとめ

  • 3月の最低気温は5℃。4月は10℃。
  • 服装は、初詣に出掛ける服装以上に暖かくする。
  • 防寒対策アイテム。・ひざ掛け・座布団・ホッカイロ・マスク。
  • 体を温めるお酒は、赤ワインと日本酒。

いかがでしたでしょうか。

夜桜やお花見の季節は、まだまだ寒い事が多いです。服装やアイテムなどを参考にしていただき、風邪など引かないよう楽しいお花見にして下さいね。

その他、お花見の参考サイト

楽しすぎて、飲み過ぎないように。

ありがとう。aki

sponsored link