menu

きになるきにする

運動会|ママの髪型を画像や動画を見ながらポイントをご説明

運動会 ママの髪型

運動会は、ファッションや髪型が気になるもの。子供が主役なのは分かっているけど、ママだって楽しみの運動会ですから。

オシャレで実用的な運動会のヘアスタイルを、画像と動画を見ながらご説明します。

sponsored link

保育園や幼稚園の運動会なら尚さらですが、まわりのママはどんな格好で来るのか気になりますよね。小学校の運動会でも。ファッションもですが、髪型だってオシャレしたい。

どこまでの髪型なら、ママ友の中にいても浮かないのか…。みんなはどんな髪型なのか…。見て行きましょう。

運動会 ママの髪型
みんなの意見

運動会 ママの髪型 意見

まず他のママは、運動会の髪型にどんなコメントをしているのか見て行きましょう。

運動会でポニーテールは、ママの定番の髪型です。動きやすく邪魔にもならないのでオススメですが、アレンジしないと個性はなし…。

そうなんです。皆、迷うんですよね。髪型も服装も。

そうそう。動きやすく可愛く見せれる髪型を、ママも求めています。

ショートのママなら、ちょっとしたアレンジになりますよね。ヘアバンドなど。

凄い挑戦者のママですね。結婚式の髪型で運動会に参加とは。運動会はオシャレし過ぎると、浮いてしまうのが現実です。

 

どうですか。

参考になるツイートは動きやすくて可愛い髪形。次は、実際に髪型を見て行きましょう。

sponsored link

運動会 ママの髪型
動きやすくて可愛い髪形

運動会 ママの髪型 動きやすくて可愛い

運動会はママだって、競技に参加したりしますよね。保育園や幼稚園なら、お子さんと一緒に参加するママがほとんどです。

そうなると動きやすくて可愛い髪形になります。あともう一つのポイントが、崩れにくい髪型。巻き髪はすぐほどけてしまうのでNGですね。では見て行きましょう。

ポニーテール

代表的な髪型で、運動会のママの中で一番多いのがポニーテールになります。ただ簡単にポニーテールにするのもつまらないですよね。少しアレンジしてみましょう。

一番上のポニーテールは一般的な髪型ですが、下の2つはアレンジしていますよね。編みこみやお団子にしてしまえば強い風が吹いても崩れなく、チョット動いても大丈夫ですよね。

簡単に説明している動画をご覧ください。

ミディアムからロングで出来る。編みこみ簡単アレンジ動画。

 

ミディアムからロングで出来る。ヘアバンドを使った簡単アレンジ動画。

 

ミディアムからロングで出来る。ポニテからの簡単お団子ヘアー動画。

 

お団子の髪型に関しては、高さやボリュームを出し過ぎると結婚式の髪型のようになってしまうので注意です。

運動会は多少のオシャレは必要ですが、目立ちすぎるのはチョットねまわりのママも黙っていません。『あのママ… 運動会なのに…』と、ごちょごちょウルサイ。程々にね。

sponsored link

 

ツインテール

では、ツインテールを見て行きましょう。

『ママのまさかのツインテール』とのツイート内容ですが、ツインテールは結ぶ位置を高くしなければ全然ママでも大丈夫ですよ。実際、運動会でツインテールのママはいます。

2番目のツイートでは、ツインテール協会の方がママのツインテール事情とも見えるコメント。運動会でツインテールに挑戦してみてはどうでしょうか。

では、簡単に説明している動画をご覧ください。

ミディアムからロングで出来る。アレンジツインテール動画。

 

運動会のママの髪型で、ここまでバッチリな髪型にすると正直目立ち過ぎます。

この動画で行われている、巻き髪の箇所を除けば運動会でも問題ない可愛いツインテールが出来ると思いますよ。

sponsored link

 

シュシュでアレンジ

簡単に、シュシュを使ってアレンジはどうでしょう。ほどけてしまっても、簡単に髪型を直せるのが運動会では嬉しいですよね。特に、競技に参加するママには良いのではないでしょうか。

では、簡単に説明している動画をご覧ください。

ミディアムからロングで出来る。簡単シュシュアレンジ動画。

 

これなら簡単です。程々のオシャレでママ受けも良いと思いますよ。運動会では、シュシュを使った髪型のママ。結構いますからね。

sponsored link

 

ヘアバンドでアレンジ

ヘアバンドもシュシュ同様に、少しのアレンジで可愛くなりますよね。こちらも、ママが参加する競技などがあればオススメです。

では、簡単な動画をご覧ください。

ミディアムからロングで出来る。簡単ヘアバンドアレンジ動画。

 

こちらの動画のアレンジは、運動会ではなくても普段からも取り入れたいですよね簡単にまとまり崩れなそうでカワイイ。ママ受けも良さそうな所がグッドです。

sponsored link

まとめ

いかがでしたでしょうか。実際の運動会は、帽子をかぶるママも多いのですが、帽子のデメリットは脱いだ時に髪に跡がついてしまう所。『髪型をセットして参加するか…』『帽子をかぶって参加するか…』好みにはなりますが、あなたの髪型の参考にして頂ければ嬉しいです。

一言でアドバイスするとしたら、やりすぎ注意。

下の、ママの服装のサイトには、実際に運動会に参加しているママの動画などもありますので参考に見てください。

その他、運動会で参考になるサイト

おしゃれなママは、子供も嬉しいもの。

ありがとう。aki

sponsored link


はてなブックマーク Google+でシェア

sponsored link

みなとみらい 横浜元町 横浜お土産 横浜 一人暮らし 神奈川 お土産
280 ニューフジヤホテル バイキング
こんにゃくスポンジ モリンガ茶
ビニール傘 かわいい おしゃれ ネクタイ おすすめ 安い
朝食パン 簡単レシピ 丼もの 簡単レシピ
toggl countdown timer f.lux 設定
しゃっくり 止め方 禁煙

いつも応援ありがとう!!          今日の順位も確認してね (^O^)


ブログランキング・にほんブログ村へ
冬すること 冬の食べ物