menu

きになるきにする

こどもの日|こいのぼりの意味や由来のなぜ?をわかりやすく

こどもの日 鯉のぼり 意味 由来

5月5日のこどもの日。

端午の節句には鯉のぼりを飾りますよね。なぜ、鯉のぼりなのでしょう?

歴史から鯉のぼりの意味や由来を、わかりやすくまとめてみました。

sponsored link

GWの祝日である5月5日は「こどもの日」

自分が子供の時にしてもらっていた事が、大人になると意味が分からなかったりしませんか?こどもの日にはこいのぼりを飾りますが、なぜ、『こいのぼり』なのでしょう?

子供へ教えられるように、分かりやすくまとめてみましたよ。

 

端午の節句をわかりやすく

端午の節句とは

こどもの日は、端午の節句(たんごのせっく)と言いますよね。端午の節句は、おとなりの中国から入ってきたものになり『厄払い』の行事になります。

厄払いの行事が、なぜ男の子の行事なのでしょうか?

端午の節句 男の子の行事

お隣の中国では、旧暦の5月は病気が流行り亡くなる人が多かったことで、同じ数字が続く5月5日は悪い意味を持つ日と言うことから、端午の節句には、菖蒲を門にさしたり菖蒲を漬けたお酒を飲んで厄払いをしていたそうです。

日本での菖蒲(しょうぶ)は、武道・軍事を大切にする武士である尚武(しょうぶ)と同じ読み方である事と、菖蒲の葉は先がとがっていて剣に見える事から、男の子が誕生したら飾り付けをして成長を祝う行事になったとされています。

菖蒲は尚武や勝負の語呂合わせ

強い香りである薬草の菖蒲(しょうぶ)を、よもぎと一緒につるして厄払いをするようになりました。元気で一年過ごせますようにという意味ですね。

人によっては、菖蒲=勝負とも言われているようです。

厄払いの菖蒲から、語呂合わせで男の子の行事になったんですね。

sponsored link

 

 

なぜ、5月5日がこどもの日なの?

5月5日がこどもの日の理由

5月5日はこどもの日。

1948年に祝日として定められ、端午の節句からこどもの日と言われるようになりました。今でも年配の方はとくに、端午の節句と言いますよね。

なぜ、5月5日になったのでしょう。

端午の節句のですが、『端午』=月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味なんです。5月に限ったことでもなく5日でもありません。毎月初めの午の日が、端午と呼ばれていたんですね。

牛の日が端午と呼ばれていた

そこから、午は十二支で表すと5月になるんです。

  • 子「鼠」  11月
  • 丑「牛」  12月
  • 寅「虎」  1月
  • 卯「兎」  2月
  • 辰「龍」  3月
  • 巳「蛇」  4月
  • 午「馬」  5月


最初は、5月の最初の午の日に節句として祝っていました。そこから5日になったのは、端午の午(ご)が、数字の5(ご)と同じ発音という事から5日になったんです。

午=5月で、午と5が同じ発音から、5月5日という事になります。

ご存知でした?菖蒲と一緒で語呂合わせで決めていたんですね。

sponsored link

 

 

なぜ、こどもの日に『こいのぼり』なの?

こどもの日に鯉のぼり

ここからが本題になります。では、見ていきましょう。

端午の節句=5月5日ですが、江戸時代には徳川幕府の重要な日になりました。江戸城で将軍のお祝いをする日です。

将軍に男の子が生まれると、同日の5月5日に男の子の祝いもするようになります。

その時に、のぼりを立ててお祝いをしていたんですね。

将軍 お祝い

この時点では、『こいのぼり』ではありません。

将軍に男の子が生まれると、のぼりを上げる事がまず武家の間で広まります。武家も男の子が生まれると、のぼりを立てて子供を祝っていたんですね。

武家 お祝い

次第に、庶民にも広まって行きます。庶民の中でも経済力がありながら、立場的に低かった人たちが『武家に負けてられるか』とのぼりを立て始めました。見栄と根性なのでしょうね。

庶民 お祝い のぼりに鯉を書く

庶民は、中国で言い伝えられていた立身出世から、鯉の滝登りをイメージし、のぼりに鯉をかき端午の節句を祝いだしたのが『こいのぼり』の最初と言います。

そこには、鯉が滝をのぼり、竜になって天に登った言い伝えから『子供に立派になってほしい』との願いや意味が込められています。アイデアと愛情ですよね。

鯉のぼりに込められる想い

今も昔も親が子を思う気持ちは同じなんですね。

子供の成長を願い、親をはじめ親族みんなで『健康で元気に成長してほしい。』『出世魚にあやかって将来を願う。』そんな意味がこいのぼりには込められているんです。

sponsored link

 

まとめ

  • 端午の節句は、中国から入ってきた厄払いの行事。
  • 菖蒲で厄払い→尚武と読みが同じ→男の子の行事。
  • 5月5日になったのは、午→5月 午と5が同じ発音で、語呂合わせ。
  • こいのぼりの最初は、将軍に男の子が生まれると、のぼりを立てていた所から。
  • 庶民のアイデアから、出世魚の鯉をのぼりにかき、子供の成長を願った。

いかがでしたでしょうか?

今では大きな鯉のぼりではなく、コンパクトな鯉のぼりをベランダで立てている方が多くなりましたが、大きさは関係ありません。

子供の立身出世を願い、元気に育ってほしい。との意味が昔も今も込められています。

最近は、昔からの行事が行われなくなったり、アレンジされ過ぎていてどうなんだろう。と思う事も多くなりました。こどもの日は、親が子におもう気持ちは皆同じですから、今後も変わらず行われて欲しいですね。

私達は大きく育ってしましましたが、子供にはこれからを期待しましょう。

その他、こどもの日の参考サイト

こどもの日が終われば ”母の日”

ありがとう。aki

sponsored link


はてなブックマーク Google+でシェア

sponsored link

みなとみらい 横浜元町 横浜お土産 横浜 一人暮らし 神奈川 お土産
280 ニューフジヤホテル バイキング
こんにゃくスポンジ モリンガ茶
ビニール傘 かわいい おしゃれ ネクタイ おすすめ 安い
朝食パン 簡単レシピ 丼もの 簡単レシピ
toggl countdown timer f.lux 設定
しゃっくり 止め方 禁煙

いつも応援ありがとう!!          今日の順位も確認してね (^O^)


ブログランキング・にほんブログ村へ
冬すること 冬の食べ物