ジューンブライドの意味や由来|3つの説をわかりやすく

ジューンブライド 意味 由来

6月に結婚する事を、ジューンブライドと言いますよね。知られていない3つの説をご存知でしょか?わかりやすく詳しく説明します。

日本のジューンブライド事情を知ってしまうと、ちょっとガッカリしてしまうかも?

sponsored link

ご結婚おめでとうございます。

もしくは、友人が結婚するのでしょうか?または、メディアでジューンブライドって騒いでるから見に来てくれたのでしょうか?

花嫁が幸せになると言われるジューン・ブライドですが、色々な説があります。わかりやすく説明しているので、是非見てくださいね。

ジューンブライド 3つの説の意味や由来
1. 女神ユーノー(JUNO)さま説

ジューンブライド 意味 由来 juno ユーノー画像引用元

では、一つづづ見ていきましょう。

ギリシャ神話に出てくる、神様のゼウス。ゼウスは神様と人類の家族の守護神・支配神として神々と人間たちの父と考えられていました。

その神の正妻であるのが、ヘラ。

ヘラは、ギリシャ神話の中で”最高位の女神”と言われています。ヘラは結婚をし子供を授かり、女性や子供、家庭の守護神とされていました。結婚生活の守護神ですね。

その理由の一つとして、神であるゼウスが”浮気症”だった事もあります。ヘラは、浮気をさせないように監視しより良い家庭を築くために必死でした。

その姿が、結婚生活の守護神と言われる一つです。

 

その他には、ヘラの母乳を飲むと肉体が強くなるとも言われていました。女性であり母であるヘラ。家庭を守り子供を育てる結婚生活の守護神です。

 

その神話が、”ローマ”に持ち込まれて行きます。

ギリシャ神話に出てくるゼウスが、ローマ神話ではユーピテル。ギリシャ神話で出てくるヘラが、”ローマ神話ではユーノー”。

そのユーノーを、”6月1日”に祭られるようになりました。結婚生活の女神が祭られた6月。

ジューンブライド 意味 由来 ユノー ハート

そのような事から、6月に結婚するとユーノーに見守られ素敵な結婚生活が出来、幸せになれると言われます。

6月を英語でJune(ジューン)と言いますが、それはユーノー(Juno)からきている言葉です。bride(ブライド)は花嫁ですよね。ジューンブライド(June Bride)は直訳すると6月の花嫁ですが、ユーノーの女神にあやかって“幸せになる花嫁”と言う意味になります。

ユーノー(JUNO)→ 6月(JUNE)

ジューンブライド(June Bride)直訳は6月の花嫁→ ユーノー(JUNO)に見守られる花嫁

sponsored link

ジューンブライド 3つの説の意味や由来
2. 3-5月に結婚している場合ではない説

ジューンブライド 意味 由来 農作業が忙しい

2つ目の説です。

昔のヨーロッパでは結婚できない月がありました。3-5月です。その理由は、“農作業が1年の中で1番忙しい時期”だから。そんな時期にイベントとして結婚式をすると農作業の妨げになるから、“結婚が禁止”になっていたのです。

その期間に結婚を決めていたカップルは、当然6月になるのを楽しみに待っています。そして、3-5月の農作業のピーク時期が終わった6月に多くのカップルが結婚し、結婚ラッシュになりました。

ピークの仕事を終え、待ちに待った6月になったから結婚しよう。と。

ジューンブライド 意味 由来 農作業が忙しい

それだけ多くの方が結婚すると、街中で結婚式が行われ多くの方が祝福し幸せいっぱいの月になります。

3-5月に結婚できないカップルが、みな6月に結婚し結婚ラッシュになり、みなが祝福してくれる6月に結婚すると幸せになる。と言う説です。

sponsored link

ジューンブライド 3つの説の意味や由来
3. お天気良いですね説

ジューンブライド 意味 由来 天気が良い

一番簡単です。

ヨーロッパでは、“6月が一番天気が良い月”になります。雨が少なく気温もよい月です。日本でもそうですが、花嫁はウエディングドレスを着て結婚式を挙げますよね。できれば雨は降ってほしくないのが当然。

そうなれば、一番雨が降らない6月に結婚しようよ。って事になります。

そして6月のイタリアなどでは、“6月の花嫁”と言う言葉もあるぐらいで祝福ムードなんです。さらにヨーロッパには、”恋人の日”があるのをご存知ですか?6月12日になります。

 

カップルがこれだけ意識する言葉や日にちがあれば、とうぜん結婚するカップルも多く祝福ムードなんです。

そんな6月の結婚は、気候がよく祝福ムードの中で結婚すると幸せになれる。と言う説です。

sponsored link

日本のジューンブライド事情

ジューンブライド 意味 由来 日本

次は、知ってしまうとチョットがっかりする、日本の事情を見て行きましょう。

毎年、春先から6月には雑誌やテレビでジューンブライドの特集などがありますよね。そこには、ウェディング業界の戦略があると言います。

 

日本の6月は梅雨の時期。

ヨーロッパなどの6月の気候は問題ないのですが、日本の気候だと雨の中での結婚式になるのが普通です。そんな梅雨時期の6月は、当然ですが結婚式をあげないカップルが多くなります。

今でも年間を通すと少ないですが、昔はもっと。

 

そうなると困るのは、ウェディング業界の方々になります。そこで動いた人がいました。

1967年頃にホテルオークラの副社長が、海外の結婚式事情を知らべてジューンブライドを発見。売上が少ない6月に、海外のジューンブライドを提案したのが始まりと言われています。

梅雨だけど…
6月はジューンブライドと言って…
花嫁が幸せになれる月なんです…… …
ヨーロッパでは…

こんな感じだったのでしょうか?

それから全国的に広まって、幸せになるなら6月ですよ。6月です。6月です。と…

ジューンブライド 意味 由来 日本画像引用元

ヨーロッパのジューンブライドを日本へ輸入して、梅雨時期の売上の落ち込みを回復させるための戦略だったのです。

今ではジューンブライドと言う言葉は浸透していますし、6月に結婚したカップルも多いですよね。日本では戦略とは言えヨーロッパにはジューンブライドは昔からあり、花嫁が幸せになれる月と言われる事には変わりません。

日本でジューンブライド時期に結婚するのであれば、意味や由来を知って結婚するなら良いのではないでしょうか?

sponsored link

まとめ

  • 説1. ローマ神話の結婚生活の女神ジュノー(Juno)を祝う6月に、結婚すると幸せになれる。
  • 説2. 3-5月は農作業が忙しく結婚を禁止されていたため、解禁された6月にみな結婚した。
  • 説3. ヨーロッパでは6月の気候が一番良く、カップルを祝う言葉やイベントがあり結婚した。
  • 日本のジューンブライド事情は、6月の梅雨時期の売上低下を回復するため、ヨーロッパの言い伝えを日本に広めた。

いかがでしたでしょうか。

説には色々あり、ジュノー(Juno)説が一番濃厚ではないのか?と言われています。

日本のジューンブライド事情を知ってしまうと少しガッカリしてしまいますが、企業からの提案で根付いている物は沢山あるのが現状です。結婚に関しては、6月でなくても幸せなカップルは沢山いますので、気持ちしだいではないでしょうか。

とは言え、ジューンブライドに憧れる女性は多いもの。芸能人でも沢山いますね。ジューンブライド結婚。

6月に結婚するなら、最低でも意味や由来を知っていてほしいものですね。

その他、ジューンブライド参考サイト

素敵な結婚生活になりますように。

ありがとう。aki

sponsored link