menu

きになるきにする

赤ちゃんのよだれ…いつからいつまで?早すぎる・多い…大丈夫

赤ちゃん よだれ いつから いつまで

だらだらと垂らすヨダレですが、時期や期間も気にる事です。

一般的ないつからは? 早いや遅いの原因は? 多すぎる量の問題は? 少しづづ垂らすのを改善するトレーニング方法は? などなど。色々まとめましたよ。

sponsored link

だらだら…だらだらと、困っちゃいますよね。よだれ。

出なければ心配だし、出すぎても心配なものです。今では何でも知っているベテランママだって最初は同じ。どこのママだって心配なんです。

今回は、よだれが中心になりますが、不安に思っている事の解消になれば嬉しいです。少しづつ見て行きましょう。

みんなの不安や心配事

赤ちゃん よだれ 不安

だらだらと、よだれが垂れてくると心配です。うちの子は『早い?』『遅い?』『多すぎない?』『まだよだれが…』どこのママも同じ。

みんなの不安を見て行きましょう。

  • 1ヶ月で…2ヶ月で…よだれは早すぎない?
  • 3歳でもよだれが止まりません。遅いので心配。
  • よだれが多すぎるのは、大丈夫?
  • よだれが少ないのは、病気なの?
  • 多いので、減らす方法はないの?

などなど。みなさん色々な心配をしています。

それもそのはず。周りの人からは『よだれが他の子より早いね~。多いのかもね』ネットで調べれば『3-5ヶ月ぐらいからで、2歳ぐらいまで…』

そんな事を言われたり目にすれば、わたしの子は大丈夫なの? と思うのも普通の事です。まわりと違うと言われれば心配。

不安や疑問を一つづつ、解決していきましょう。

sponsored link

よだれの時期は、いつからいつまで?

赤ちゃん よだれ いつから いつまで

まずは、こちらから見て行きましょう。

正しい答えは『早い子もいれば遅い子もいる』個人差でありその子の個性。それは分かるけど『2ヶ月は早すぎない?』となりますよね。

一般的には3-4ヶ月程度からよだれが目立ちだし、離乳食を始めた時期や乳歯が生え出す5-7ヶ月ぐらいから多くなる。1-2歳程度で、よだれから卒業。などと言われます。

ですが、1ヶ月半でよだれが多い。3歳にもなるが、まだよだれが終わらない。そんな方は心配です。

何にも問題ありません。

よだれの始まりが早いのは簡単に言うと、成長が平均より早い子です。興味を示すのが早かったり、しゃべりだすのが早かったり、首が据わるのが早かったり…。こんな赤ちゃんが多いですね。

逆に、始まりが遅い子は平均的であったりします。乳歯が生え出す頃には、よだれも出るはずですので。

その他には、口内の筋肉の発達が早く、よだれを垂らさなかったり遅い子も。『遅いから成長が遅い』は違います。早くても遅くても、赤ちゃんの個性であり心配することは全くありません。

 

終わる時期は、1-2歳程度が一般的と言われます。

終わるのが遅い子は、唾液を飲み込む口まわりの筋肉の発達が、遅い事が原因として考えられます。解決策は、後半で紹介しますね。

その他には、口内炎や舌炎などの症状がある場合もあるとの事でした。卒業が遅い時は一度、病院で見てもらったほうが安心ですね。

sponsored link

よだれの理由 垂れる理由

赤ちゃん よだれ 理由

では、心配をなくすためにもよだれの理由を見て行きましょう。

唾液(よだれ)は消化を助け、口などの粘膜の保護や、口の洗浄・殺菌・抗菌などなどの作用があります。赤ちゃんも同じ。授乳の消化を助け、口の中の保護や殺菌をしているだけです。

口の中がいつも乾燥しているようでしたら、消化が助けられないため下痢が続いたりするそうです。その他には、脱水症状を起こしていることもあるそう。食欲や元気もなく、いつもと様子が違う事に気づく程度になるそうですよ。

乾燥しているようでしたら数日様子をみて、回復しないようであれば病院に行ったほうが良いでしょう。

もう一つ。よだれが垂れる理由ですね。食欲が旺盛で唾液の分泌量が多い子や、まだ上手に唾液を飲み込めないためです。

大人になれば、無意識で2つの事ができます。

  1. 唾液を飲み込む。
  2. 口を閉じることが出来る。

この事が、赤ちゃんにはまだ出来ないため、よだれが垂れてしまいます。まだ口の中が発達途中なんですね。赤ちゃんですから。

sponsored link

よだれが多く、いつまでも垂れる赤ちゃんのトレーニング方法

赤ちゃん よだれ トレーニング

先ほどの、よだれが垂れる理由。唾液を飲み込む。口を閉じる。この2点が克服できれば、垂れる事もなくなってきますよね。

わかりやすく言うと、口の筋肉が発達すれば、よだれが垂れなくなります。

トレーニングをしなくても、普段の生活の中で自然と身につく事なので問題はありません。ですが『卒業が遅い』『早い段階から少しづつ自分で飲み込んでもらいたい』などの理由があれば、一度試してみても良いと思いますよ。

  1. よだれの出始めの頃から、口のまわりを触り刺激する。かるく口角を引っ張ったり唇をつまんだりなど。
  2. 歯磨きをする際に、ブラシの裏でほほの内側を軽く押して刺激する。
  3. あっぷっぷで遊びながら、ほほを膨らませ口を閉じる練習をする。
  4. ラッパや風車を吹いたりしながら遊び、ほほを膨らませ口を閉じる練習をする。

調べてみると、こんな感じでしょうか。

口に刺激をあたえ、遊びながら口の運動をするイメージです。大きくなれば、風船をふくらませても良いですよね。

早い段階から、口に刺激をあたえる事を少しづつしていれば、自分で唾液を飲み込むのも早くなります。試してみて下さいね。

sponsored link

まとめ

  1. 一般的には、3-4ヶ月からよだれが目立ちだし、2歳程度で卒業する。
  2. よだれが早い赤ちゃんは、興味や喋ることや首が据わるのが早い赤ちゃんに多い。
  3. よだれが遅い赤ちゃんは、口内筋肉の発達が早いため。
  4. 卒業が遅い子は、口内筋肉の発達が遅いや、口内炎などの疑いもある。
  5. よだれの(唾液)の理由は、授乳の消化を助け口の中の保護や殺菌をしている。
  6. 口内が乾燥している時は体に症状がでるので、場合によっては病院へ。
  7. 垂れる理由、多い理由は、食欲旺盛や唾液を飲み込む筋力が発達していないから。
  8. よだれの垂れ防止トレーニングは、口に刺激をあたえ、遊びながら口を運動させる。

いかがでしたでしょうか。

よだれが『いつから…いつまで…』などはあまり気にしなくても大丈夫です。個人差が多いので、あくまでも平均値の説明しかどこもありません。よだれは、口の洗浄や殺菌などをするので虫歯になりにくいとも言いますし、早くても多くても良い事です。

ただ困るのが、垂れる量が多くて肌荒れしてしまったりするのが現実。遊びながら口の筋肉を発達させて、少しでも早くスタイ姿から卒業できたら良いですね。

みるみる体も大きくなって変化も沢山でてくる時期ですので、無理をせず、赤ちゃんを信じてね。

その他、赤ちゃんの悩み参考サイト

頑張り過ぎないように。

ありがとう。aki

sponsored link


はてなブックマーク Google+でシェア

sponsored link

みなとみらい 横浜元町 横浜お土産 横浜 一人暮らし 神奈川 お土産
280 ニューフジヤホテル バイキング
こんにゃくスポンジ モリンガ茶
ビニール傘 かわいい おしゃれ ネクタイ おすすめ 安い
朝食パン 簡単レシピ 丼もの 簡単レシピ
toggl countdown timer f.lux 設定
しゃっくり 止め方 禁煙

いつも応援ありがとう!!          今日の順位も確認してね (^O^)


ブログランキング・にほんブログ村へ
冬すること 冬の食べ物